noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
OTHERS
qrcode
<< ステキな言葉 | main | 寄付金額 >>
最新記事一覧
卵1個100円になる時代がすぐそこに!?

 書類を整理していると

 興味深いデータを発見


 う〜ん、いろいろ考えさせられる。



 食料自給率 39%


 背景は、

 1)人口がたくさん増え、需要が増えている

 1973年→2008年の35年で 

 世界の人口が、37億人→65億人(+28億人)

    (2050年には92億人との予測も)


 

 2) お金もちになると食べるものが良くなり、重要増えた

  世界の一人当たり所得(名目ベース)

  887ドル → 6896ドル 8倍(1973年→2008年の35年)


  今まで穀物で食べていたものが、穀物をいったん
  家畜に食べさせ、育て、肉を食べる

  1kgの牛肉を作るのに、11kgのトウモロコシが必要



 3) 消費量の変化、2600kcalで同じだが食する中身が変化

  1965年頃、1日5杯のごはん
       牛肉料理、月150g
       牛乳、週2本、
       油は、年に1.5kgボトル2〜3本


  2006年、 1日3杯ののごはん
       植物油は、年9本
       牛肉、牛乳の消費量が増えた


  1955年 → 2005年比
 
    肉類 8.9倍
    卵  4.5倍
    牛乳製品 7.6倍
    油脂 5.4倍



 ■自給率

  国産のものでも

  豚で、自給率6%

  牛肉、12%

  牛乳、28%

  卵、11%

  油、2%となるそうです。


  そもそも、自給率には

 カロリーベースと生産額ベースがあるそうです。

 2006年は

 カロリーベースで、39%

 生産額ベースでは、68%


 乖離(かいり)の理由は、

1) レタスのように

  ほぼ、国産100%だが

  カロリーベースでは自給率では貢献してないが
  生産額ベースでは、貢献している。


 2) 国産の付加価値が高いもの

  サクランボや牛肉は、国産と輸入の価格差が開き

  生産額ベースでは、貢献してしまう。


 3) 国産であっても、餌が輸入の場合は

  カロリーベースでは、国産にならない。

  生産額ベースは、国産になる


  たとえば、餌が自給率10%であれば
  畜産物の自給率はカロリーベースでは
  10%になるようです。




 ふむふむ、


 農業の金額ベース(経済規模ベース)では

 68%もの自給率だが



 カロリーベースでは、39%しかない。


 経済主導型、コスト意識化だけで

 考えるとこうなってしまうのかもしれない。



 もっと将来を考え、目先だけの

 経営だけでは

 いけないことを

 思わせる。


 鶏の自給率のことから本当に考えさせられた。


 鶏卵の国内生産は、94%

 ほぼ自給状態


 だが、


 エサの 89% は、輸入


 産卵鶏の 93% が、輸入。



 鳥インフルエンザ、などなどの問題で

 輸入禁止措置が種鶏、飼料で2年取られたら、

 (実際2006年にとられた)


 10個入り卵が1000円を超えるという。




 今だけ、自分だけ、お金だけの

 生き方、経営では


 永続経営(死んだ後も続く経営)は


 できないですよね。



 もっと、先を、将来を見る力を

 養わねば。



 人の成長は

 ・本を読む

 ・人と会う

 ・旅をする


 いっぱい、成長したいな(笑)


               感謝!!のだ
| 【数字で納得!何でも数値!】 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。