noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
OTHERS
qrcode
<< 上海で人脈を作れるツアー | main | 1年を13ヶ月にする方法(笑) >>
最新記事一覧
予測できる数値術
 今、数値の本、書いてます。


数値って、意識して使うと本当に

面白いほど使えますよね〜


ということで(笑)


日本のGDPを中国が追い抜くのは

何年後でしょうか?


という、問題であれば

考えることもしますが


通常、日本のGDPを見ると

それだけを見て


あがっている、下がっているということしか

見ないようです。


それを、少しだけ視野を広げて


隣の急成長中国は

どうなっているのだろうか?


そして、その数値はどうなっていて

この先どうなるか?



と、まず、思うと

日本のGDPを中国が追い抜くのは

何年後か?

ということも、数値からわかってきます。


つまり、先を見ることができるようになります。



何かと比較することによって

たくさんのことがわかってくるのが


数値だと思うのです。


実際の数値は


日本のGDPが
内閣府のデータによると

日本 4兆3,837億ドル(2007年)
そして、成長率が速報値で

2008/7〜9 ▲0.5%
 年換算では▲1.8%

あわわわ、マイナス成長です。


新聞を見ても、
これだけで、終わってしまっては

せっかくの情報が

他に使えませんね。



これに何かを足すことで

先を見ることができるようになります。


で、お隣、中国。

中華人民共和国は、3兆3,508億ドル(2007年)


これにより、

第2位の日本と
第3位の中国は

差が、 1兆329億ドルとわかります。


そして、次に、

伸び率、経済成長率をみると

日本 2007年2.4%

中国は2007年13.0%

1月22日付け新聞による。
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/6318/



ということは、

成長率、GDP額を2007年を基準にすると


日本が
2008年 44,889億ドル
2009年 45,966億ドル
2010年 47,070億ドル

中国が
2008年 37,864億ドル
2009年 42,786億ドル
2010年 48,349億ドル

つまり、2年後には抜かれることがわかります。

グラフだと一目瞭然
↓↓↓↓↓↓
日本と中国GDP予測



ちなみに

2008年の成長率は
日本が速報で▲1.8%
中国が9.0%なので


GDP絶対額の伸びは鈍化しますが
この伸び率でシュミレーションしても

2年後の2010年には抜かれることになります。

1968年(昭和43年に)当時の指標
GNP(国民総生産)で

当時世界2位だった西ドイツを抜き

日本が世界第2位になっています。



それを、2010年、42年ぶりに
2位を開け放すことになります。

当時
ドイツが、3位になって、不幸になったかというと
そうではないのですから


日本も悲観することはありませんが

これは、事実であり


1968年以後

世界は、日本を抜きに語れなくなったように


中国を抜きに語ることはできなくなった
ということだと思います。



ちなみに

1968年はこんな年だったようです。

巨人の星 TV化
あしたのジョー連載開始
青年向け漫画、劇画雑誌の台頭
2001年宇宙の旅・黒部の太陽公開
川端康成ノーベル賞受賞
人生ゲーム発売



1968年の日本のGDP成長率は、12.4%。

現在の中国と同じだ。

1968年とはどんな年?
↓↓↓↓↓↓↓
http://station50.biglobe.ne.jp/playback/1968/index.html



みんなで、2桁成長とはどんなものか?

タイムスリップして体感しに行きますか?

日本の1960年代の興奮を
今の上海で味わう?

山崎拓巳氏主催
山崎拓巳と一緒にいくゴウジャス上海感動ツアー第2弾

僕もたっぷり、中国から見た日本の未来を話します。
↓↓↓↓↓
上海ツアー詳細、申込み
http://nodanote.noda-net.com/?eid=846745


           感謝!!のだ
 


●野田宜成☆仕事観(仕事って何だ〜って思ったら)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.youtube.com/watch?v=bcUjNz3TBdU


ホームページ http://www.noda-net.com
メルマガ登録 http://www.noda-net.com/mail.html

講演も承っています(^O^)/
 過去講演 ⇒ http://www.noda-net.com/semina-.html
 お問い合わせは、⇒ メール info@noda-net.com まで
| 【数字で納得!何でも数値!】 | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。