noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
OTHERS
qrcode
<< 幸福駅の駅員になりました(笑) | main | 孔子いわく!!性相近し。。。 >>
最新記事一覧
プロスポーツ選手が語るコミュニケーション向上セミナー
もとプロスノーボーダー:安井章浩(やすいあきひろ)氏セミナー
緊急開催☆決定!!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


すべての原点はコミュニケーション!!

プロスポーツ選手が語る
 コミュニケーション向上セミナー


ビジネス、人間関係、スポーツ

どの世界でも

振り返ると必要だったのが


【コミュニケーション】

と思うのです。。。


私は長い間スノーボードの世界にいて、


あることを学びました。


それは、

技術、演技。これを極めれば、

『活躍』できると思っていたのが


違うという事実を学んだのでした。。。


なぜ?


スノーボードで、ハーフパイプの選手として、

またスキー場のコースのプロデュースなどをしていました。


実力はプロ以上のものを持っているのに…

活躍できない。。。


それは、


実力を発揮し

見てもらい、舞台に立つのにも


たくさんの人と接します。

大会運営者や、コーチ、さまざまな人とのつながりがあり


そして、舞台に立てる。



チャンスをものにするためには自分をプロデュースするのが良いのです。


自分をプロデュースするのに

最も必要なのは

コミュニケーションだということを


選手を引退してから知ったような気がします。


今、もし、

選手のころの自分にアドバイスするなら


技術、演技を上げるのはもちろんだが


それより、


自分の演技、技術を、正当に高く評価してくれる人と


出会い、コミュニケーションをとることが

もっとも大事だと

アドバイスしたいのです。



もぉ少し、人とのコミュニケーションができ、

自分の思いや、人の力を借りる事を知っていれば、

その人のパフォーマンスで多くの

感動や勇気を見てもらえる機会が増えたはず…

という仲間を沢山見てきて、とても残念な思いが

残っていました。


本当に実力があっても、人との繋がりをうまく保てない事で、

自分で自分のプロデュースが上手くできずに諦めてし
まう人が本当に多いのです。


私は今、東京に出てきて

様々な業界でお仕事をされている方々、

またヤル気で満ち溢れている学生様に、

お会いさせて頂く機会が増えましたが、


コミュニケーションがもぉ少しあれば、
自分の思い通りに事が進んだのに…

コミュニケーションがもぉ少しあれば、
自分の憧れの人と親しくなれたのに…

という話を聞いて、

やはり
コミュニケーションが取れない事で、
残念な思いをしている方は
スノーボードの業界だけではないのだと感じ、

コミュニケーションを

心理学の角度や

話し方の知識や

人の脳神経に関しての勉強をしてきました。


勿論これからも学びは続けますが…


コミュニケーションとは、能力だと感じています。

そして、コミュニケーション能力の高い人は、

ある共通点もあります。

いくつかの知識を理解し、意識して使う事で

習慣になれば、

あなたにラッキーが増え、

他者との意思の疎通が今より自然にできます。

チーム力や組織力が上がり、

理想の自分に近づけるのではないでしょうか?


当日お話したい内容の一部です

【コンテンツ】

★初対面で仲良くなる
 コミュニケーション3つのポイント
・相手の印象をそのまま伝える
・共通点
・限定質問

★なぜか自分の周りに人が集まる
 コミュニケーション3つのポイント
・聞き上手
・拡大質問
・バックトラッキング


★言葉以外のコミュニケーション
 3つのポイント
・ペーシング
・ミラーリング
・傾聴


★自分とのコミュニケーション3つのポイント
・客観視法
・自分自身を知る方法
・相手の気持ちを汲み取る訓練法


★コミュニケーションでの最重要な3つのポイント
・相手の気持ちを汲み取る
・人の心理
・自己重要感(肯定感)
 などなど

【講師】安井章浩

    高校を卒業後、プロスノーボーダーを目指して
    大阪で1年間運送会社でアルバイトしながら
    費用を貯める。

    その費用を元に、スノーボードをスタートし、
    山梨でコースのアドバイザー
    ボードメーカーのスポンサーを受けながら

    8年間プロとしてスノーボードで活躍する。

    その後、スポーツの世界の知識、経験を活かしながら
    独自のコミュニケーション手法を体系化し
    ビジネスを展開。

    多数の人脈、コミュニティを築き上げる。
     

    現在、コミュニケーションや目標到達方法など
    を数多くの人にアドバイスしている。    

   【資格】
    ※日本コミュニケーション能力認定協会
     「コミュニケーション能力1級」



【 詳細 】

●日時 7月28日(水)19:00〜20:30

●場所 品川イーストワンタワー21F 会議室
    > http://www.e-onetower.com/access/index.html

●参加費 前売り 2,800円 (当日 3,500円)


●お申込方法
  件名『コミュニケーションセミナー』に
  下記3点を記入の上
  メールアドレス:info@noda-net.com まで
  お申込みください。
   ・ お名前(ふりがな)
   ・ 当日連絡可能な電話番号
   ・ 参加人数

●主催&問い合わせ先 
   (株)ビジネスミート 担当:上原、野田、安井
   電話 03‐6277‐0666
   E-mail info@noda-net.com 
    
| ◆セミナー・講演(国内) | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://noda7.jugem.jp/trackback/986666